債務整理する前に知っておきたい事

債務整理する前に知っておきたい事

借金返済の一本化に潜む詐欺とは?知っておきたい詐欺の手口

借金が複数件あるならば、借金返済を一本化するというやり方があります。

一本化すると借金の利息が減り、借金総額が安くなる可能性があります。

そのため、一本化は借金をしている人が一度は考える方法です。

しかし、その考えを狙って潜む詐欺もあります。

こんな一本化詐欺がある

借金返済の一本化をするように誘ってくる詐欺業者の場合には何パターンか詐欺の方法があります。

「借金を一本化するためには手数料がかかる。」や「まずは着手金(または頭金など)としてお金がかかる。」などの言葉を利用し、一本化する前に依頼者から金銭を踏んだくる詐欺があります。

実際に一本化なんてする事は全くなく、お金を詐欺業者に渡したらおしまいです。

連絡がつかなくなってしまい、お金はとんずらされて何も取り返しがつかなくなります。
「一本化するためには審査として、他社の消費者金融からお金を借りてくる必要がある。」なんて事も言われかねません。

怪しいと思ったら、その会社と連絡を取り続ける前に弁護士などに相談しましょう。

債務整理詐欺のポイントは?

悪徳な詐欺を働く人というのは、言葉巧みに近づいては色んな言葉を言ってきます。

上に上げた例だけでなく、様々な言葉を使ってくるでしょう。

どんな言葉を使ってきても、詐欺のポイントは「お金を振り込ませるまでに時間が短い。」という点です。

詐欺だと勘づかれないために、今すぐにでも行動させるようにさせます。

急かされていると思ったら、詐欺の可能性は高いです。

借金を一本化して起こるデメリットとは?

複数の金融機関から借り入れがあった場合、借金を1社からの借り入れにしてシンプルにするのがおすすめだと言いますよね。

一本化はメリットが多いのですが、デメリットもあります。

借金が増える、期間が増えるなどのリスクもあり

借金の一本化をすると、おまとめローンの利息が少なくなって借金の総額が減るという場合が多いです。

しかし、全てのおまとめローンが利息が低いとは言えません。

そのため、結果的にまとめる事で借金が増えてしまったという事も十分に考えられます。

また、複数の借金をまとめると、1個の借金の総額が増えてしまいます。そ

うなると、借金を返済する期間が長くなる場合もあります。借金返済の期間が長くなれば、それだけ利息は増えていきます。

そのため、トータルの返済額を見ると借金はまとめても減らないという場合もあります。

審査に通らない可能性もあり

借金を1本化するという事は、新たに新しい借金を作るというのと一緒になります。

そのため、おまとめローンには審査があります。そこでネックとなるのは、審査に通るかです。

借金をまとめると、1個の借金の金額は増えてしまうというのを、前述しました。

借金が増えれば、それだけ審査は厳しくなります。

そうすると、審査に通らない可能性も出てきます。特に今現在の借金返済が遅れている場合は、審査が厳しくなります。

借金を一本化するとメリットはありますが、デメリットもあります。

そのため、一本化すれば楽になるという先入観は捨てましょう。