ブラックリスト者は借金返済の一本化ができない!どうするべき?

ブラックリスト者は借金返済の一本化ができない!どうするべき?

ブラックリストに載る理由

借金返済を軽くするために借金の一本化をするという選択肢はありますが、ブラックリスト者は一本化ができません。

その理由と、一本化できない時の対処法を紹介しましょう。

ブラックリストに載ってしまう理由は、過去に債務整理をしていたという理由の他にも、借金返済を延滞していたという事もブラックリストに載る要因です。

また、1ヶ月に3件以上の借金申し込みをしていて、全て審査落ちをしていた場合は「申し込みブラック」としてブラックリストに載ってしまいます。

借金返済の一本化をしようと思って、一本化の審査を複数落ちてしまったなどがこの状況です。

ブラックリストに載るという事は、信用がないという事です。

借金返済の一本化は今までの借金をまとめて新たに借金を作る事なので、信用がなければ新しい借金はできません。

しかも、一本化は今までの借金をまとめるので借金の金額は大きくなります。

大きな金額は信頼がない人には貸せないという事で、ブラックリスト者は借金の一本化ができません。

ブラックリストに載ってしまったら

ではブラックリスト者はどうすれば良いのかというと、ブラックリストに掲載される期間が過ぎるのを待つとなります。

債務整理をしたらブラックリストに5年間や7年間は掲載されます。

申し込みブラックの場合は、6ヶ月間のブラックリスト掲載です。

それを過ぎるのを待つか、一本化ではなくて債務整理を選ぶという方法もあります。