車を残したい!債務整理で車のローンはどうなる?

loan

車のローンを残すなら任意整理しかない

借金の返済に困っていても、車を手放したら生活できないという人は多いでしょう。

そこで、「借金返済で債務整理をしたいけど、車のローンはどうなるの?」という点について説明していきます。

車は毎日利用する人にとっては生活必需品ですが、借金を返すためとなると車は必需品ではないという考え方が強いようです。

車はまとまった金額がかかる品物なので、車を回収して借金の返済に当てるというのが一般的になります。

そのため、債務整理で車のローンが残っていると、それがネックになって車は手放す事になりがちです。

しかし任意整理ならば、今ある借金をこれからも払っていきますよというスタンスの手続きなので、車を所有していたとしても文句は言われません。

そのため、車のローンがある人は任意整理を選ぶ人が多いようです。

任意整理をしながら車のローンを払う?

任意整理をしても車のローンは残りますが、そうなると整理後の借金と車のローンの2種類の借金が残り、返済が苦しくなる可能性はあります。

そして、結局は車のローンが払えなくなってしまうという事もあります。

つまり、任意整理で車のローンは残せても、車が本当に必要かどうか考えなくてはいけません。

車を所持していると、駐車場代やガソリン代、税金など様々な経費がかかってきます。

果たしてそれらを払いながら借金返済が続けられるのか、債務整理をする前によく考えなければいけません。